古いスマホでも修理はしてもらえる?

保証期間の終わった古い型のスマホ修理を解説するサイト

そもそも何の時点で“古い”って考えてる?

iPhoneの発表(2007年)から始まった、世界的なスマートフォン(以下スマホ)ブーム。
Appleだけでなく、ソニーやサムスンなどの世界的な電機メーカーも追いつけ追い越せとばかりにスマホ開発に乗り出し、シェア争いが激化。
今や日本の携帯電話使用者の7割が、スマホを使っているというデータもあります。

そんな訳で、すっかり皆さんの手元に定着したスマホですが、使い続けているうちに愛着が湧き、同じ機種を使い続けている人も多いのではないでしょうか?
手に馴染む、機能が丁度いい、このカラーはこの機種でしか無い…(私ももうiPhone5Sを3年使っています。
丁度手に馴染むデザインが現行機種より気に入っているのです)など、理由も色々でしょう。
しかしそこで気になるのは、保証期間や修理できるのかといった、ケアに関する疑問。
使えば使う程、その点の不安が大きくなってくるでしょう。

そこでこのサイトでは、愛着があって引き続き使いたい・修理したいけど、型が古いのでこれからが不安…というユーザーの方々のためになる情報をお届けします。

最初のページでは、そもそもみんな、一体どのあたりのラインからスマホを“古い”と考え始めるのだろうという所から考えていきます。
ユーザーの主観だけでなく、メーカーが有する修理可否の基準なども、可能な限りお伝えしてまいります。

2ページ目では、そんな古いスマホをメーカーや『修理専門店』がどのように受付し、修理の可否を判断し、そして修理しているのかを解説し、持ち込む前の不安を解消します。

3ページ目では、各携帯キャリアごとの過去機種スマホへの対応の違いと、古いスマホでも修理を受け付けているお薦めの『修理専門店』を紹介致します。